自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の制度

サービス付き高齢者向け住宅

施設ではなく「住宅」という位置づけ

 近年、サービス付き高齢者向け住宅、略して「サ付き(さつき)」とか「サ高住(さこうじゅう)」と呼ばれる施設が増えています。これは、介護building_apart保険制度とは別に「高齢者住まい法」に基づいて、国土交通省と厚生労働省が所管している賃貸住宅です。
 入居者を高齢者に限定し、バリアフリーの設備や安否確認等をおこなう新しいタイプの高齢者用の住宅です。

バリアフリーなど高齢者向けの設備

 kaigo_barrier_freeサービス付き高齢者向け住宅(以下「サ付き」)は、法律で規模や設備が決められています。各専用部分の床面積は、原則25㎡以上で、居間や食堂、台所等を共同で利用する場合は18㎡以上とされています。
 また居室には台所や水洗トイレ、収納、洗面所や浴室があること(但し台所や浴室は共用でも可)、そして何よりも段差のない床や手すり等を設置しているバリアフリー構造であることが条件になっています。

必須のサービスと介護サービス

 サ付きでは安否確認サービスと生活相談サービスが必須のサービスです。ホームヘルパーなど介護や医療の資格を持った専門家が、最低でも日中は建物内に常駐してこれらのサービスを提供します。
 これ以外に、例えば介護が必要になった場合は、外部の訪問介護事業者からサービスを受けることになります。事業者によっては、介護や医療、生活支援等のサービスも同じ敷地内に事業所があったり、離れていても同じ事業者が提供していたりすることがあるので、どのようなサービスが受けられるかを事前に確認しましょう。

入居条件と費用

 入居できるのは高齢者ですが、細かい点では事業者によって異なります。同じ事業者が介護や医療サービスを提供しているようなところでは、要介soudan_setsumei_business護度が重く、多少の医療行為があっても入居できるところもありますが、医療行為があると入居できないところもあります。
 費用については、家賃や共益費、管理費、食費、雑費がかかりますが、有料老人ホームのような入居一時金はなく、敷金のみ必要な場合があります。事業者によって費用は異なりますが、ふつうは介護付有料老人ホーム等よりは安価で利用できます。

-介護の制度

関連記事

訪問系サービス②

居宅療養管理指導   医師や歯科衛生士が訪問して指導や助言をしてくれるサービスです。慢性疾 …

学術大会レポート

2017年6月10日・11日に「第16回 日本自立支援介護・パワーリハ 学術大会」が開催さ …

介護保険制度の基本

 介護保険制度によるサービスを利用するだけであれば、制度の概要や仕組みを詳しく知る必要はな …

入所サービス② グループホーム・介護付有料老人ホーム

 介護保険3施設以外でも施設に入居して、介護保険によるサービスを受けることができる施設があ …

高額介護サービス費制度

一定額を超えると払い戻される  介護保険サービスを利用した場合の1ヶ月の自己負担割合は、1 …