自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の制度

入所サービス① 介護保険3施設

 介護保険制度で入所施設として規定されているのは、ここに挙げた3種類の施設のみで、グループホームや介護付有料老人ホームなどは、介護サー101ビスの部分だけが保険に適用されるため、入所施設には区分されません。
 どの施設も要支援では入所できず、要介護以上が入居条件になっています(2015年4月の改定で介護老人福祉施設は要介護3以上が入所の条件に変更)。
 終身入所が可能なのは介護老人福祉施設だけで、その他は一時的な入所を前提にしています。
 また、介護老人保健施設と介護療養型医療施設は医療色が強いので安心というイメージがありますが、必ずしも介護の質が高いというわけでもありません。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

 介護老人福祉施設は、要介護者に対して入浴や排せつ、食事等の介護や日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、看護をおこなうことを目的とする施設です。
 満床の施設が多くなかなか入所できないこともあるようです。要介護度が重い人の入所が優先されることもあり、平均要介護度は4程度だといわれています。
 地域密着型の小規模な形態の施設もあります。
 居室は従来型の4人部屋から個室のユニット型といわれる形態の施設が増えつつあります。
 施設によって介護の質は異なり、ほとんどの入所者が寝たきりの生活をしている施設もあれば、おむつゼロ特養といわれる自立支援介護に取り組んでいる施設もあります。さらに「在宅・入所相互利用」などの先進的な取り組みをおこなっている施設もあります。
⇒セミナーレポート:「自立支援とスタッフ定着で報酬減を乗り切る」パート2

介護老人保健施設(老人保健施設)

 doctor医師が常駐している施設で、要介護者に対して、看護や医学的管理下の介護、機能訓練等の医療・日常生活上の世話をおこなうことを目的としています。
 病院での治療が終わり、在宅復帰までの準備施設という目的がありますが、在宅復帰の機能を果たせていない施設も多いようです。
 数は少ないながら、自立支援介護や歩行訓練に取り組み、高い在宅復帰率を維持している施設もあります。

介護療養型医療施設

 介護療養型医療施設は、介護老人福祉施設の医療色が強い施設といえるでしょう。
 医師が常駐しているので重篤な疾患や、医療処置が必要な人、ターミナルケア等には適しているといえますが、介護老人福祉施設や介護老人保健施設に比べると数は少ないので、入所が難しい施設です。

-介護の制度

関連記事

訪問系サービス②

居宅療養管理指導   医師や歯科衛生士が訪問して指導や助言をしてくれるサービスです。慢性疾 …

訪問系サービス①

サービスはケアプランに沿って(居宅介護支援)  すべての介護サービスはあらかじめ作成された …

学術大会レポート

2017年6月10日・11日に「第16回 日本自立支援介護・パワーリハ 学術大会」が開催さ …

介護保険制度の基本

 介護保険制度によるサービスを利用するだけであれば、制度の概要や仕組みを詳しく知る必要はな …

認定結果からサービス開始まで

認定結果  要介護認定の結果は、非該当、要支援1・2、要介護1~5という7種類です。非該当 …