自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の制度

訪問系サービス①

サービスはケアプランに沿って(居宅介護支援)

 syorui_morau_womanすべての介護サービスはあらかじめ作成されたケアプランに沿っておこなわれます。
 これはケアマネジャーという専門家が、本人の心身の状態や環境等さまざまな状況を勘案して、本当に必要なサービスを計画的に提供するという介護保険制度の趣旨に基づいています。
 そのため、サービス開始後、ケアプランに記載されていないサービスが必要になる等があれば、ケアマネジャーに相談してケアプランを変更してもらう必要があります。
 これも実は介護保険のサービスの一つで、居宅介護支援といいます。

訪問介護

 いわゆるホームヘルプサービスといわれるもので、訪問系サービスの中核的な位置づけです。ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事や排泄等の介護や、調理や洗濯などの生活援助をおこないます。
 kaigo_woman 要支援の人も要介護状態になることを予防するという目的で利用することができます(介護予防訪問介護という名称になりますが、2015年4月の制度改定により徐々に介護保険から外れ、市町村がおこなう「介護予防・日常生活支援総合事業」に移行します)。 訪問介護は便利なサービスですが、自立性の維持・向上の効果を挙げるためには、単にできなくなったことを代わりにやってもらうだけでなく、本人の体調管理や活動性の向上に役立つように活用しましょう。

訪問看護

 主治医の指示に基づいて看護師等が訪問して、療養上の世話や診療の補助などをおこないます。
 ホームヘルパーにはできない医療補助行為(例えばインスリンの注射)が必要な場合に利用します。また慢性疾患の管理のためのチェック等でも有効です。

訪問リハビリテーション

 理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(OT)などリハビリの専門家が訪問して、リハビリをおこないます。自宅でリハビリを継続する必要がある人には有効な場合があります。

-介護の制度

関連記事

特定施設等の人員配置基準について

3対1基準  特定施設の職員配置は、厚生省令で従業員の員数として定められており、要支援2以 …

2015年度改訂① 一部の利用者は自己負担が1割から2割へ

 2015年4月1日に、介護保険制度の大きな改訂がおこなわれました。  改訂された内容は、 …

介護サービスが利用できる人

第一号と第二号被保険者  介護保険に加入しているのは、40歳以上の人です。このうち65歳以 …

入所サービス② グループホーム・介護付有料老人ホーム

 介護保険3施設以外でも施設に入居して、介護保険によるサービスを受けることができる施設があ …

通所系サービス② ショートステイ・小規模多機能

ショートステイ  ショートステイは正式には「短期入所生活介護」といい、施設に短期間入所して …