自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の制度

介護サービスが利用できる人

第一号と第二号被保険者

 soudan_madoguchi介護保険に加入しているのは、40歳以上の人です。このうち65歳以上の人を第一号被保険者といい、40歳以上65歳未満の人を第二号被保険者といいます。
 介護保険のサービスを受けるためには要介護認定という手続きが必要ですが、これを申請できるのは第一号被保険者と、第二号被保険者のうち特定疾病に該当する人です。

第二号被保険者の利用には制限あり

 高齢者(65歳以上)で介護が必要なら介護保険サービスが利用できますが、高齢者ではない第二号被保険者は、老化に起因する疾病(特定疾病)が原因で介護が必要になったのでなければ、介護保険サービスは利用できないということです。
 例えば、転んで骨折して介護が必要になった場合、第一号被保険者なら介護保険サービスの利用ができますが、第二号被保険者だと利用できません。

特定疾病

 特定疾病とは、国が定めた老化に起因するとされる以下の16種類の疾病です。

① がん(末期)
② 関節リウマチ
③ 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
④ 後縦靱帯骨化症
⑤ 骨折を伴う骨粗しょう症
⑥ 初老期における認知症monshin_woman_doctor
⑦ 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
⑧ 脊髄小脳変性症
⑨ 脊柱管狭窄症
⑩ 早老症
⑪ 多系統萎縮症
⑫ 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
⑬ 脳血管疾患
⑭ 閉塞性動脈硬化症
⑮ 慢性閉塞性肺疾患
⑯ 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

-介護の制度

関連記事

特定施設等の人員配置基準について

3対1基準  特定施設の職員配置は、厚生省令で従業員の員数として定められており、要支援2以 …

ケアマネジャー活用法

任せるのではなく活用する  ケアマネジャーは同じ資格を持っているとはいえ、その能力は人によ …

認定結果からサービス開始まで

認定結果  要介護認定の結果は、非該当、要支援1・2、要介護1~5という7種類です。非該当 …

2015年度改訂② 要支援のサービスが介護保険から外れる

要支援は介護保険外に  改訂ポイントの2点目は、要支援サービスが介護保険から外されたことで …

通所系サービス① デイサービス等

閉じこもりを予防し活動性向上に  通所系サービスとは施設などに通って受けるサービスです。通 …