自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の制度

介護保険制度の基本

 介護保険制度によるサービスを利用するだけであれば、制度の概要や仕組みを詳しく知る必要はないのですが、基本的なポイントだけを書くと以下のようになります。    制度導入の理由  介護は... 続きを見る

2015年度改訂① 一部の利用者は自己負担が1割から2割へ

 2015年4月1日に、介護保険制度の大きな改訂がおこなわれました。  改訂された内容は、介護報酬の改訂や保険料の仕組みが変わったりと多岐にわたっていますが、被保険者、その中でも実際に介護保険のサービ... 続きを見る

2015年度改訂② 要支援のサービスが介護保険から外れる

要支援は介護保険外に  改訂ポイントの2点目は、要支援サービスが介護保険から外されたことです。  介護保険では介護認定を受け、自立という場合を除き、介護が必要な程度によって、要支援1・2と要介護... 続きを見る

2015年度改訂③ 特養への入所が要介護3以上に引き上げ

特養は要介護3から  特別養護老人ホーム(正式名称:介護老人福祉施設・略称:特養)に入所できるのは、要介護1以上の人でしたが、今回の改定により、入所対象が要介護3以上になり、要介護1と要介護2の人は... 続きを見る

介護サービスが利用できる人

第一号と第二号被保険者  介護保険に加入しているのは、40歳以上の人です。このうち65歳以上の人を第一号被保険者といい、40歳以上65歳未満の人を第二号被保険者といいます。  介護保険のサービス... 続きを見る

要介護認定の申請

市町村に申請が必要  介護保険のサービスを利用するためには、お住まいの市町村等(東京23区を含む:以下同)の担当窓口で要介護認定の申請をする必要があります。通常、要介護認定の申請は本人か家族がおこな... 続きを見る

認定結果からサービス開始まで

認定結果  要介護認定の結果は、非該当、要支援1・2、要介護1~5という7種類です。非該当とは自立していてサービスを受ける必要がない状態で、要支援1・2は要介護状態の手前の状態、要介護1~5は介護サ... 続きを見る

ケアマネジャー活用法

任せるのではなく活用する  ケアマネジャーは同じ資格を持っているとはいえ、その能力は人によって異なります。そこで全てをケアマネジャーに頼るのではなく、上手に活用するという気持ちで付き合う必要がありま... 続きを見る

訪問系サービス①

サービスはケアプランに沿って(居宅介護支援)  すべての介護サービスはあらかじめ作成されたケアプランに沿っておこなわれます。  これはケアマネジャーという専門家が、本人の心身の状態や環境等さまざ... 続きを見る

訪問系サービス②

居宅療養管理指導   医師や歯科衛生士が訪問して指導や助言をしてくれるサービスです。慢性疾患等があって医療的な管理や指導が必要であるにもかかわらず、通院が困難な場合にはよく活用されています。 &n... 続きを見る

通所系サービス① デイサービス等

閉じこもりを予防し活動性向上に  通所系サービスとは施設などに通って受けるサービスです。通所系のサービスは外出することにより廃用症候群を予防する効果がありますし、介護する家族にとっては自由な時間を過... 続きを見る

通所系サービス② ショートステイ・小規模多機能

ショートステイ  ショートステイは正式には「短期入所生活介護」といい、施設に短期間入所して、介護や生活援助などを受けるサービスです。医療機関や老人保健施設などがおこなう場合は「短期入所療養介護」とい... 続きを見る

入所サービス① 介護保険3施設

 介護保険制度で入所施設として規定されているのは、ここに挙げた3種類の施設のみで、グループホームや介護付有料老人ホームなどは、介護サービスの部分だけが保険に適用されるため、入所施設には区分されません。... 続きを見る

入所サービス② グループホーム・介護付有料老人ホーム

 介護保険3施設以外でも施設に入居して、介護保険によるサービスを受けることができる施設があります。  一つは認知症の人を対象にしたもので、ふつうはグループホームと呼ばれる「認知症対応型共同生活介護... 続きを見る

その他のサービス 福祉用具・住宅改修

 訪問系や通所、あるいは施設でのサービスの他には、福祉用具の貸与や購入費の補助、住宅改修費の補助などがあります。 福祉用具の貸与  車いすや背もたれなどが動く特殊寝台、褥そう防止マット、手すりやス... 続きを見る

特定施設等の人員配置基準について

3対1基準  特定施設の職員配置は、厚生省令で従業員の員数として定められており、要支援2以上の入居者3人に対しては1人以上の介護職員が必要とされています(要支援1なら10人に対して1人以上の介護職員... 続きを見る

サービス付き高齢者向け住宅

施設ではなく「住宅」という位置づけ  近年、サービス付き高齢者向け住宅、略して「サ付き(さつき)」とか「サ高住(さこうじゅう)」と呼ばれる施設が増えています。これは、介護保険制度とは別に「高齢者住ま... 続きを見る

高額介護サービス費制度

一定額を超えると払い戻される  介護保険サービスを利用した場合の1ヶ月の自己負担割合は、1割又は2割(2015年8月から一部の人に適用)です。この自己負担が一定額以上になった場合に、超えた金額を後か... 続きを見る

学術大会レポート

2017年6月10日・11日に「第16回 日本自立支援介護・パワーリハ 学術大会」が開催されました。 多くの実践事例や研究について、数多くの報告がおこなわれ、大変勉強になる学術大会でした。 &nb... 続きを見る