自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

認知症の基礎知識

脳血管性認知症と介護

脳卒中の再発防止

 medicine_capsule_set脳血管性認知症は脳卒中の発作が引き金になるので、脳卒中の再発防止が必須です。
 処方された薬をきちんと服用すること、指示された生活習慣や生活上の制限を守ることなどを支援することが介護者の大きな役割のひとつです。

 

基本ケアとコミュニケーション

 他の種類の認知症と同じく、基本ケアの実践と認知症高齢者とのコミュニ―ションの原則は同じです。
(⇒ 「基本ケア」で正しく認知するための支援
(⇒ 認知症高齢者とのコミュニケーション
 但し、高血圧や心疾患のコントロールのために水分制限の指示がある場合には、基本ケアとバランスをとることが必要になり、医師との情報共有も重要になります。
(⇒ 慢性疾患と介護

閉じこもりの予防

 roujinsya_couple脳血管性認知症ではうつや陰性症状が現れることが多いため、活動性が低下する危険性があります。
無理強いするのは良くないですが、寝たきりや閉じこもりにならないよう、できるだけ活動性を維持していくための支援も重要になります。

 

-認知症の基礎知識

関連記事

アルツハイマー型認知症について

アルツハイマー型認知症とは  アルツハイマー型認知症は認知症の中で最も多いとされる認知症で …

認知症とは

認知症とは  認知症は特定の病名ではなく、生理的な老化とは異なる病的な記憶力低下や、思考力 …

レビー小体型認知症について

レビー小体型認知症とは  「レビー小体」とは、中脳に溜まる異常なたんぱく質で、パーキンソン …

認知機能からみた認知症ケア

正しく認知できる支援  認知症の症状とかかわりが深い認知機能は、感覚機能や記憶や意識レベル …

認知症の症状

 認知症はその名前が示すように、周囲の状況を正しく認知する機能が低下したり損なわれたりしま …