自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

認知症の基礎知識

アルツハイマー型認知症について

アルツハイマー型認知症とは

 アルツハイマー型認知症は認知症の中で最も多いとされる認知症で、ドイツの精神科医アロイス・アルツハイマーが報告したアルツハイマー病を原因疾患とする認知症です。
 英名のAlzheimer’s diseaseからADと略称されることがあります。

脳の委縮が特徴

 sick_ninchisyou_alzheimer原因は不明ですが、脳の中でアミロイドβやタウという特殊なたんぱく質が蓄積し、これらが毒性を発揮させることによって脳の変性と萎縮が起きるのが特徴です。
 特に記憶を司(つかさど)る海馬や空間認識を司る頭頂葉の委縮が起きることにより、その部分の血流が低下して物忘れや見当識障害などの症状が現れると考えられています。 

症状

 記憶障害や見当識障害、判断力の低下などの中核症状と、周辺症状ともいわれるBPSDがあります。
 中核症状は脳組織の変化(萎縮)が主な原因と考えられますが、BPSDについては脳の委縮と直接関係があるかどうかはわかっておらず、むしろそれ以外の、意識水準や体力の低下、環境要因、周囲の人の接し方などが主な原因であるとも考えられています。
(⇒  認知症の症状

治療

 roujin_ninchisyou_womanアルツハイマー型認知症は最もポピュラーな認知症ですが根治するための治療法はありません。但し進行を遅くするとして認められている治療薬が2種類あります。
 アルツハイマー型認知症ではアセチルコリンの活性が低下していることから、その分解を促進するコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害薬と、NMDA受容体に結合して働きを抑制することで脳神経細胞の過剰な興奮による細胞死を防ぐNMDA阻害薬の2種類です。
 前者はアリセプト、レミニール、リバスタッチパッチ、イクセロンパッチという名称で、後者はメマリーという名称で処方されています。

-認知症の基礎知識

関連記事

認知症とは

認知症とは  認知症は特定の病名ではなく、生理的な老化とは異なる病的な記憶力低下や、思考力 …

前頭側頭型認知症と介護

 前頭側頭型認知症は脱抑制による反社会的行為や感情変化といった特異な症状が現れることがある …

脳血管性認知症と介護

脳卒中の再発防止  脳血管性認知症は脳卒中の発作が引き金になるので、脳卒中の再発防止が必須 …

脳血管性認知症について

脳血管性認知症とは   脳梗塞や脳出血など脳血管障害(脳卒中)が原因で認知症の症状が現れる …

前頭側頭型認知症の症状

 初期には認知症の中核症状である記憶障害や見当識障害はほとんど現れませんが、このタイプ特有 …