自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

認知症の基礎知識

前頭側頭型認知症について

前頭側頭型認知症とは

 body_brain_nou3大認知症以外で、近年注目されているのが前頭側頭型認知症です。これは前頭側頭葉変性症という病気の一部で、英名は「frontotemporal dementia」でありFTDと略されることがあります。このタイプの代表がピック病です。
 大脳の前頭葉から側頭葉前方にかけての部位が萎縮することによってさまざまな神経や精神の障害が現れます。

若年性認知症のひとつ

 前頭側頭型認知症は、ほとんどの人が40歳代から65歳以下の年齢で発症するため、若年性認知症のひとつといえます。
 若年性認知症の中では脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症に次いで3番目に多いとされていますが、実際の数はわかっていません。

理性的な言動ができなくなる

 前頭葉は人間の脳の司令塔ともいわれる部位で、考えや行動、意思決定をコントロールしていて、自制心や論理的思考を司(つかさど)っています。
 前頭側頭型認知症はこの部位が侵されるため、理性的な言動が阻害されるなど特異な症状が現れます。この他にも同じ行動を続ける常同行動も特異症状のひとつです。

原因と治療

 doctorw_angry残念ながら前頭側頭型認知症の原因はわかっていません。また診断も難しくアルツハイマー型認知症や統合失調症などの精神疾患と診断されていることもあるといわれています。
 今のところ症状を改善したり進行を防いだりするための治療方法も確立していません。

-認知症の基礎知識

関連記事

認知機能からみた認知症ケア

正しく認知できる支援  認知症の症状とかかわりが深い認知機能は、感覚機能や記憶や意識レベル …

アルツハイマー型認知症について

アルツハイマー型認知症とは  アルツハイマー型認知症は認知症の中で最も多いとされる認知症で …

脳血管性認知症について

脳血管性認知症とは   脳梗塞や脳出血など脳血管障害(脳卒中)が原因で認知症の症状が現れる …

脳血管性認知症と介護

脳卒中の再発防止  脳血管性認知症は脳卒中の発作が引き金になるので、脳卒中の再発防止が必須 …

アルツハイマー型認知症と介護

 アルツハイマー型認知症は、レビー小体型認知症や前頭側頭型認知症のような特異な症状はなく、 …