自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

認知症の基礎知識

認知症とは

認知症とは

 roujin_ninchisyou_man認知症は特定の病名ではなく、生理的な老化とは異なる病的な記憶力低下や、思考力低下などの症状全般を表す言葉です。  厚労省などによると、認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が、慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」とされています。

原因疾患

 認知症の原因となる病気(認知症の原因疾患といいます)は、アルツハイマー病、びまん性レビー小体病、ピック病などの神経変性疾患と、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が代表的なものです。
 このような病気以外にも、頭部の外傷、薬物やアルコール等の中毒、脳腫瘍等も認知症の原因になることがあります。

認知症の種類

 認知症の種類は、この原因疾患別に分類するのが一般的です。
 患者数が多いタイプから、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症を「3大認知症」という場合があります(ピック病による前頭側頭型認知症を加えて4大認知症という人もいます)。
(⇒ アルツハイマー型認知症についてsick_ninchisyou_alzheimer
(⇒ 脳血管性認知症について
(⇒ レビー小体型認知症について
(⇒ 前頭側頭型認知症について
 このように原因疾患別に分類される認知症ですが、特にアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症では原因疾患と症状との関係についてはわかっていないことが多く、原因疾患が進行するにつれて認知症の症状も悪化するとは限りません。
 例えば脳梗塞になった人でも認知症にならない人がいますし、アルツハイマー病でも認知症の症状がない人がいます。
 原因疾患の多くは進行性の病気ですが、原因疾患の病状が進むと認知症の症状が悪化するという訳でもありません。これは認知症の症状には、原因疾患そのものよりも、それ以外の要因が大きく影響するからです。

症状に影響する要因

 obaasan_woman_tasukeaiその時々の本人の体調、環境や人間関係、日常生活における活動性、周囲の人とのかかわり方、本人の元々の性格など、さまざまな要因が認知症の症状に影響を与えることがわかっています。
 また、薬を服用している人であれば、その副作用で認知症の症状が悪化することがあります。
 よく認知症は脳の病気だといわれますが、実は脳の病気以外の要因が認知症の症状に大きな影響を与えることを知っておく必要がありますね。

-認知症の基礎知識

関連記事

前頭側頭型認知症について

前頭側頭型認知症とは  3大認知症以外で、近年注目されているのが前頭側頭型認知症です。これ …

レビー小体型認知症と介護

 レビー小体型認知症の介護では、その症状に合わせて介護することが必要です。 本人に合わせる …

認知機能の理解 ~ 認知症理解のために

認知症の症状にかかわる認知機能とは  認知症になると認知機能が低下するため、現実の状況を正 …

前頭側頭型認知症と介護

 前頭側頭型認知症は脱抑制による反社会的行為や感情変化といった特異な症状が現れることがある …

認知機能からみた認知症ケア

正しく認知できる支援  認知症の症状とかかわりが深い認知機能は、感覚機能や記憶や意識レベル …

次の記事 →
認知症の症状