自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

認知症の基礎知識

認知症とは

認知症とは  認知症は特定の病名ではなく、生理的な老化とは異なる病的な記憶力低下や、思考力低下などの症状全般を表す言葉です。  厚労省などによると、認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機... 続きを見る

認知症の症状

 認知症はその名前が示すように、周囲の状況を正しく認知する機能が低下したり損なわれたりします。  もともと加齢によって感覚機能は低下するので、高齢者は認知機能が低下するのが普通ですが、認知症になる... 続きを見る

認知機能の理解 ~ 認知症理解のために

認知症の症状にかかわる認知機能とは  認知症になると認知機能が低下するため、現実の状況を正しく理解し判断することが困難になります。  この認知の誤りが現実とかみ合わないチグハグな言動につながりま... 続きを見る

認知機能からみた認知症ケア

正しく認知できる支援  認知症の症状とかかわりが深い認知機能は、感覚機能や記憶や意識レベル、集中力や注意力などに影響を受けます。  年をとると老化により感覚機能は低下します。また体調が悪い時には... 続きを見る

レビー小体型認知症について

レビー小体型認知症とは  「レビー小体」とは、中脳に溜まる異常なたんぱく質で、パーキンソン病発症の原因となるとされています。  このレビー小体が認知機能を司(つかさど)る大脳皮質にも広がると認知... 続きを見る

レビー小体型認知症の症状

 レビー小体型認知症の症状には、他の認知症と同じく認知機能障害などの症状がありますが、加えてこのタイプに特異な症状もいくつかあります。  またこれらの症状はその時々で現れ方が異なり、調子の良い時と... 続きを見る

レビー小体型認知症と介護

 レビー小体型認知症の介護では、その症状に合わせて介護することが必要です。 本人に合わせる  幻覚や幻視が特異な症状のひとつですが、現実はないものを「ある」と言うことに対して、否定して現実を理解さ... 続きを見る

前頭側頭型認知症について

前頭側頭型認知症とは  3大認知症以外で、近年注目されているのが前頭側頭型認知症です。これは前頭側頭葉変性症という病気の一部で、英名は「frontotemporal dementia」でありFTDと... 続きを見る

前頭側頭型認知症の症状

 初期には認知症の中核症状である記憶障害や見当識障害はほとんど現れませんが、このタイプ特有の症状があります。 脱抑制(だつよくせい)  人格変化といわれることもありますが、理性や自制心を司(つかさ... 続きを見る

前頭側頭型認知症と介護

 前頭側頭型認知症は脱抑制による反社会的行為や感情変化といった特異な症状が現れることがあるので、介護するにあたってはさまざまな苦労があるといわれています。  できれば家族だけで介護するより、デイサ... 続きを見る

アルツハイマー型認知症について

アルツハイマー型認知症とは  アルツハイマー型認知症は認知症の中で最も多いとされる認知症で、ドイツの精神科医アロイス・アルツハイマーが報告したアルツハイマー病を原因疾患とする認知症です。  英名... 続きを見る

アルツハイマー型認知症と介護

 アルツハイマー型認知症は、レビー小体型認知症や前頭側頭型認知症のような特異な症状はなく、一般的な認知症の症状と考えられる中核症状とBPSDへの対応が中心となります。 中核症状への対応  物忘れや... 続きを見る

脳血管性認知症について

脳血管性認知症とは   脳梗塞や脳出血など脳血管障害(脳卒中)が原因で認知症の症状が現れるのが脳血管性認知症です。  アルツハイマー型認知症に次いで2番目に多い認知症とされてきましたが、最近では... 続きを見る

脳血管性認知症と介護

脳卒中の再発防止  脳血管性認知症は脳卒中の発作が引き金になるので、脳卒中の再発防止が必須です。  処方された薬をきちんと服用すること、指示された生活習慣や生活上の制限を守ることなどを支援するこ... 続きを見る