自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護と技術

食事介助② 食事の際の注意点

できるだけ介助しない

 syokuji_ojiisan (1)食事はできるだけ自分で摂ること(自力摂取)が望ましいと考えられます。
 食事の際は本人が食べ物を認知した上で口腔内で咀嚼(そしゃく)しますが、この時寝ぼけていたりボーっとした状態だったりするとこれらがうまくできません。ところが介助すれば意識レベルが低下していても口の中に食べ物が運ばれるため、誤嚥する危険性が高くなります。
 また自分で食べることで食事の楽しさは増しますし、自分のペースで食べることも可能です。
 食事は本人の意識がはっきりした状態で、できるだけ自分で摂ることがポイントです。

自助具の活用

 食事はできるだけ自分で摂ってもらうことが望ましいので、必要であれば積極的に自助具を活用しましょう。自助具にはいろいろな種類があります。自助具
 箸なら滑りにくいものや掴みやすいもの、バネがついているもの等、スプーンやフォークはグリップがゴムでできているものや食べやすい角度のもの等、茶碗や皿もすくいやすい形状のものや底に滑り止めがついているもの等さまざまです。またランチョンマットを使用すると上に置いた食器が滑りにくくなります。

正しい食事姿勢

 食事姿勢食事をする時には誤嚥しないよう正しい姿勢で食べる必要があります。膝が90度位曲がって足がしっかり床に着いていること、テーブルは肘が同じく90度位曲がる程度の高すぎず低すぎない高さであること、上体が反らない姿勢で座り少し顎を引いた状態で食べることなどです。

 

 

-介護と技術

関連記事

口腔ケア② 歯みがき

毎食後に歯みがきを  食事をすると口腔内には食べかすが残り、これを放っておくと細菌が増殖し …

移動介助の基本

移動は生活の基本  移動は、人が生活する上での基本的な動作であり、食事・排泄・衣類の着脱な …

身体介護共通のポイント

 身体介護には様々な介助の種類がありますが、以下のような全ての身体介護に共通する重要なポイ …

介護技術の基本姿勢

 介護における最優先目標は、可能な限り介護が必要な人(以下要介護者)の「自立を支援する」こ …

食事介助① 摂食嚥下のプロセス

 食事の介助をおこなうにあたっては、誤嚥等の事故を予防するために摂食嚥下のプロセスを知って …