自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護と技術

ボディメカニクスについて

ボディメカニクスとは

  ボディメカニクスは人間の運動機能である骨や関節、筋肉等の相互関係の総称ですが、介護にボディメカニクスを活用することで、介護者の身体的youtsu_woman負担を軽減し、腰痛予防等の効果を期待することができます。
 但しボディメカニクスは、物を持ったり移送したりする際の身体的負担を軽減するための考え方なので、要介護者が全介助であることを前提としています。そのためボディメカニクスを活用する際は、要介護者の自然な動きや自立性を阻害しない範囲でおこなわれるべきです。

支持基底面を広くとる

 支持基底面とは床に着いた(体を支えている)部分を結んだ範囲(面)のことです。両足をぴ%e6%94%af%e6%8c%81%e5%9f%ba%e5%ba%95%e9%9d%a2ったりつけている状態より、足を広げた状態の方が支持基底面は広がり、転倒しにくくなります。
 支持基底面を広くすることは、介護者の安定性だけでなく要介護者の安定性にもつながります。

重心を低くする

 重心が低いほど安定性は増します。まっすぐ立ったまま介護するより膝を曲げて腰を落とした方が重心の位置が下がり安定します。

できだけ近づく

 ojiisan_bed介護する際できるだけ相手に近づいた方が介護しやすくなります。離れているより力を使わないで介護できるからですが、近づき過ぎて双方の動きを妨げることもあるので注意が必要です。

 

 

体をねじらない

 体をねじると不安定になって危険なだけでなく腰痛の原因になります。
 もし介護動作の途中で体の向きを変える必要がある場合は、体を捻じるのではなく、足の位置を変え体全体の方向を変えるようにします。

水平移動を優先

 持ち上げてから移動するより、床に置いたままずらす方が簡単ということです(水平移動)。全介助かそれに近い場合、ベッド上で体を移動する等の際、身体を持ち上げずにずらす方が容易に介護できます。
 この他にも「膝の屈伸を活用する」ことや、腕を組んでもらう等で「対象を小さくまとめる」ことなどがあります。

-介護と技術

関連記事

介護技術の基本姿勢

 介護における最優先目標は、可能な限り介護が必要な人(以下要介護者)の「自立を支援する」こ …

食事介助② 食事の際の注意点

できるだけ介助しない  食事はできるだけ自分で摂ること(自力摂取)が望ましいと考えられます …

身体介護共通のポイント

 身体介護には様々な介助の種類がありますが、以下のような全ての身体介護に共通する重要なポイ …

食事介助③ 介助のポイント

介助前の準備  食事中排泄したくなると食事を中断しなければならなくなるので、排泄は食事前に …

移動介助の基本

移動は生活の基本  移動は、人が生活する上での基本的な動作であり、食事・排泄・衣類の着脱な …