自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護と技術

介護技術の基本姿勢

 介護における最優先目標は、可能な限り介護が必要な人(以下要介護者)の「自立を支援する」ことです。
 そのため、介護技術の全般にわたり、要kaigo_ofuro介護者本人が主体性を維持できるよう関わる(介護する)という姿勢が必要です。
 どんなに介護経験が長く、手際良く介護ができる技術があっても、要介護者の意思や主体性を無視した介護をおこなうのであれば、要介護者の自立性を阻害することになり、質の高い介護とはいえません。
 質の高い介護をおこなうためには、以下の3つのポイントを意識して介護することが必要です。

ADLの自立性向上をめざす

 介護の役割は、従来一般的だった「できないことを補う介護=補完的介護」にとどまらず、できることを維持し広げていくことが重要です。
 自立を支援するという介護の本質は、要介護者のADLの自立性向上であり、常にこれを意識して介護をおこなう必要があります。

個別性の尊重

 family_danran_big要介護者の状態(マヒや拘縮などの有無、ADL各行為ごとのの自立性など)や生活習慣は1人ひとり異なっていて個別的です。そのため、介護は個々の要介護者の個別性に合わせる必要があります。

 

自己決定の尊重

 要介護者のQOLに大きく影響する事柄に、自己決定があります。
 障害があったり、ADLの自立性が損なわれていたり、場合によっては寝たきりになっても、自己決定できるか否かによってQOLは大きく異なるといわれています。そのため、要介護者の自己決定を尊重し、適切な自己決定ができるよう支援することも介護の大きな役割の一つであるといえます。

-介護と技術

関連記事

食事介助③ 介助のポイント

介助前の準備  食事中排泄したくなると食事を中断しなければならなくなるので、排泄は食事前に …

食事介助① 摂食嚥下のプロセス

 食事の介助をおこなうにあたっては、誤嚥等の事故を予防するために摂食嚥下のプロセスを知って …

口腔ケア① 口腔トラブルとチェック

口腔トラブルの原因  口腔内のトラブルにはいくつかの原因が考えられます。高齢者の中に時々見 …

身体介護共通のポイント

 身体介護には様々な介助の種類がありますが、以下のような全ての身体介護に共通する重要なポイ …

ボディメカニクスについて

ボディメカニクスとは   ボディメカニクスは人間の運動機能である骨や関節、筋肉等の相互関係 …