自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護のコミュニケーション

目や耳の病気とコミュニケーション

 特別な病気や障害がなくても、年とることによって自然に現れる老化(機能の低下)があります。  また、年をとると多くの人に現れる目や耳の病気もあり、これらはコミュニケーション上の障害になることがあり... 続きを見る

障害がある場合のコミュニケーション

 コミュニケーションに支障がある何らかの障害がある高齢者の場合は、その障害に合わせてコミュニケーションをとることが必要です。  麻痺がある場合  脳卒中の後遺症等で麻痺がある場合、半側空間失認や半... 続きを見る

自信や自尊心に配慮したコミュニケーション

 高齢者は長年の獲得体験に基づいた自信と自尊心を持っています。このことに配慮したコミュニケーションが必要だと思われます。 適切な呼称を使う  高齢者に呼びかける、または会話する中でも適切な呼称を使... 続きを見る

不安感や喪失感に配慮したコミュニケーション

 高齢者とのコミュニケーションでは、自信や自尊心に配慮すると同時に、不安感や喪失感にも配慮が必要です。優しく丁寧に話すことはもちろんですが、それ以外にも配慮すべきことがあります。 表情  コミュン... 続きを見る

言葉の選択

 高齢者の自信や自尊心に対する配慮として、できるだけ指示的な言い方を避けるということを挙げましたが、特に言葉の選び方についてもう少し具体的に見ていきましょう。 指示的な言葉を避ける  指示的な言葉... 続きを見る

高齢者の心理的傾向

高齢者の心理的傾向?  高齢者の介護をおこなう時、高齢者とコミュニケーションをはかることは必須です。  どのような介助でも、それをする前にこれから何をするのかを告げてからおこなうのは介護の原則で... 続きを見る