ADL・IADL・QOLを正しく理解する

ADLと介護の深い関係

 介護の世界でよく使われる言葉に「ADL(エーディーエル)」があります。

ADLとは・・・activities of daily livingという英語の頭文字をとったもので、日本語では「日常生活動作」と訳されるのが一般的で、私達が日常生活を送る上でおこなっている動作(行為・行動)という意味です。

 具体的には、ベッドや布団から起き上がる、床やいすに座る、歩く、階段を昇り降り、食事をする、排泄をする、洗面や歯みがき、衣服や靴の着脱、入浴する、人と会話をする等の動作のことです。
 また、車いすを利用している方であれば、車いす操作を加えることもあります。

 ADLという言葉は、医療や看護、リハビリテーション、介護等の分野で頻繁に使われていますが、専門分野が異なると訳し方が異なることもあるようで、「日常生活行為」とか、「日常生活行動」と訳されることもあるようです

 近年は、ADLの項目にコミュニケーションを含むことや、単なる動作や行動でなく、計画したり、認知したり、修正をしたりといった行為を含む総合的な行為であることから、「日常生活行為」と訳すべきだという主張もあります。将来的には、日常生活動作ではなく、日常生活行為という訳が一般的になるかもしれません。

 また、動作を分類して、起居動作(起き上がり・座位をとる)、移動動作(歩行・階段昇降・車いす操作)、食事動作、排泄動作、整容動作(洗面・歯みがき・整髪・ひげそり)、更衣動作(衣服や靴の着脱)、入浴動作、コミュニケーションというように、類型別にしている場合もあります。

介護において「ADLが自立しているかどうか」を問題にするというのは、要するに「生活する上で自分のことが自分でできるかどうか」ということです。

 ADLが自立していないということは、前述した項目のうち、何らかの動作が一人ではできないので、介護(介助)等の支援が必要ということになります。

 そのため、介護職員等が利用者等のADLを考える際には、「食事を摂るのは自立だが、食堂まで行くのは介助が必要」とか、「排泄は一部介助(排泄後の後始末は介助)」、「入浴時、身体を洗うことは自立だが、着替えには介助が必要」というように、動作ごとに「自立」「一部介助」「全介助」に分類し、介助が必要な場合はどのような介助が必要かを評価するのが普通です。

 人にとってADLが自立しているかどうか、言い換えると、自分の身の回りのことが自分でできるかどうかは、生活していく上でとても大きな問題だと考えられます。

自宅で生活するならIADLも大切

 ADLという言葉と合わせて、介護の世界で使われることばに「IADL(アイエーディーエル)」があります。

IADLとは・・・Instrumental activities of daily livingという英語の頭文字をとったもので、日本語では「手段的日常生活動作」と訳されるのが一般的です。
 
 私達が生活するためには、食事や排泄、着換え等といったADL(日常生活動作)だけが自立していれば十分という訳ではありません。食事をするためには、買い物に行き、調理をしなければなりません。

 また、日常的に掃除や洗濯も必要ですね。このように、自分の身の回りのことを超えて、日常生活をおくるために必要な動作(行為)のことをIADLと呼んでいます。

 具体的には、買い物をする、調理など食事の準備をする、掃除や洗濯、電話をかけたり受けたりする、薬の管理をする、金銭管理をする、交通機関等を使う等を指します。最近では、趣味の活動を含めることもあるようです。

 IADLはADLと比較すると軽視されがちな傾向がありますが、高齢者が自宅で生活する場合には重要な問題ですし、ひとり暮らしであれば、これらの行為は必ず必要なので、非常に重要です。
 但し、高齢者介護施設等で、これらをほとんど代行してくれる施設に入居している場合には、あまり問題にならないともいえます。

QOL向上が介護の最終目標

 「QOL(キューオーエル)」という言葉は介護分野だけではなく、医療やリハビリ、歯科医療、看護等さまざまな分野で使われています。

QOLとは・・・Quality of lifeという英語の頭文字をとった言葉で、日本語では「生活の質」と訳されるのが一般的です。 但し、英語の「Life」は、生活と意味の他にも「生命」とか「人生」とかいう意味もあるので、「生命の質」や「人生の質」などと訳されることもあるようです。

 QOLは、健康か否かとか、身体的な状態といったことだけに着目するのではなく、精神面や社会的な活動等を含め、総合的な活力や生きがい、満足度というような意味で使われます

 具体的には、病気やけがが原因で身体的な障害が残ったとしても、さまざまな支援(装具や福祉用具の使用、ヘルパーやボランティアの支援など)を活用することで、生きがいや満足感を持って生活することが可能になることがあります。

 そのため、介護分野では「ADLの自立は難しくてもQOLを向上させることは可能」というように、ADLという概念と対比して使われることがあります。

 また、医療分野では、「病気による痛みや機能低下などの不快な症状や、治療による副作用等に苦しみながらも、できるだけその人らしさや満足感のある生活が送れるようにする」というように、病気の症状や副作用、病気の症状や副作用、不安感等と対比的に使われるようです。

 つまり、QOLという言葉は、病気やけが、あるいは加齢等によって、ADLの自立性が損なわれる、痛み等の不快な症状を抱えながら生活しなければならなくなる等、それまで当たり前にできていた生活ができなくなってしまうような場合であっても、その人らしさや生活の満足感を維持していくことをめざすための概念であるといえます。

 QOLはあくまでも本人の主観であり、医療や介護の従事者が一方的に決めつけることはできないのは当然です。
 また、QOLの高さを正確に測定することは困難ですが、それでも本人の気持ち等を答えてもらうことによって、できるだけ客観的に測定しようとする試みもおこなわれています。