自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護と技術 介護の基本ケア

口腔ケア① 口腔トラブルとチェック

口腔トラブルの原因

 口腔内のトラブルにはいくつかの原因が考えられます。高齢者の中に時々見られますが、歯が無いまま放置している、義歯があっても合わないので使っていhaburashiない、虫歯や歯周病、歯肉炎などがあっても歯科受診をしていない、歯みがきや口腔ケアが適切におこなわれていない等です。
 このような状態は、食事や会話でさまざまな弊害につながります。歯科受診を含めて改善する必要があります。

口腔チェック

 口腔トラブルの有無を確認するためには、口腔ケアなどの際に口腔チェックをおこなうことで発見でき、改善につなげることができます。
 普段の生活では会話している時などに気になる位の口臭がないかを確認します。
 食事中や歯みがき、口腔ケアの時には口腔内の痛みがないか訊いてみましょう。ugai_roujin
 また介護者が口腔ケアをおこなう際には、口腔内に腫れや発赤、潰瘍、出血、舌苔(ぜったい:舌の苔、舌が白くなっている)、食物残渣(しょくもつざんさ:食べ物の残り滓)などがないかをチェックしましょう。

-介護と技術, 介護の基本ケア

関連記事

口腔ケア① 口腔機能について

 自立支援介護では、水分ケアと栄養ケア、排泄ケアと運動という4種類を基本ケアと呼んでいます …

介護技術の基本姿勢

 介護における最優先目標は、可能な限り介護が必要な人(以下要介護者)の「自立を支援する」こ …

栄養ケア② 低栄養の原因

摂取量は1500㎉を目安に  必要なエネルギー摂取量は、年齢や性別などで異なるとともに、ど …

栄養ケア③ 低栄養の弊害

 低栄養になるといくつかの深刻な弊害が現れます。 体力と抵抗力の低下  アメリカにおける研 …

水分ケア① 体内の水分量 年をとると減る

身体の中の水分が低下する  人間の身体には多くの水分が含まれていますが、この水分のことを体 …