自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の基本ケア

排泄ケア③ 排便のケアⅠ

 便秘を予防し、スムーズに自然排便できるようにするためにはいくつのポイントがあります。

規則的な生活

 roujinsya_couple自然に排便するためには、排便反射が重要な役割を果たしますが、これには朝目覚めて寝ている姿勢から立ち上がることで起きる「起立反射」(又は姿勢・結腸反射)と、食物を食べることで、胃や腸の運動が促進される「胃反射」(又は胃腸反射)があります。
 これらの反射を促すために、朝は起きて朝食を摂り、昼間は離床する生活を送りましょう。寝たきりの生活ではこれらの反射が期待できず便秘の原因になります。

規則的な食事、食物繊維の多いバランスのとれた食事

 朝、昼、晩の食事を規則正しくとることで排泄が促されます。偏った食事は便秘を招くので栄養バランスにも注意しましょう。
 特に食物繊維の多い食事を心がけましょう。食物繊維は水分を吸収して便を柔らかくし、便の量を増やす効果があります。食物繊維の多い野菜や果物、海藻類を多く摂り、市販の食物繊維飲料などで補充するのも良いでしょう。ビフィズス菌やオリゴ糖も効果があるようです。

十分な水分摂取

 bousai_water水分の摂取が少ないと大腸で水分が吸収されて便が硬くなり、便秘になりやすくなります。1日1,500mlを目安に水分を摂りましょう。

 

 

適度な運動

 運動すると血液循環が良くなり、大腸の運動が活発になります。また便を押し出すために必要な腹筋の維持強化も期待できます。

-介護の基本ケア

関連記事

排泄ケア① 排便のしくみ

食べてから直腸に至るまで  排泄介助について理解するために排便のしくみについて考えてみまし …

水分ケア⑤ 脱水症の症状

脱水症の症状  脱水症の症状としては、以下のようなものが挙げられます。 ① 唾液分泌量が減 …

口腔ケア② 唾液について

唾液の役割  唾液は口の中(口腔内)の衛生状態を保つ上で大きな役割があります。  口腔内に …

運動② 歩行の介護

歩行練習が唯一の方法  歩行機能を改善するためには歩行練習が最も効果的な方法です。それは歩 …

栄養ケア④ 低栄養予防のケアⅠ

経口摂取が原則  食事を口から食べることにはさまざまなメリットがあります。「食事が楽しみ」 …