自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の基本ケア

水分ケア⑤ 脱水症の症状

脱水症の症状

 脱水症の症状としては、以下のようなものが挙げられます。sick_netsu
 唾液分泌量が減少することによる口渇感(口の中が乾いた感覚)
 微熱 
 尿量の減少や便秘 
 意識水準の低下や意欲の低下 
 皮膚や口唇の乾燥、弾力性の低下

肺炎を誘発

 これらは脱水症の代表的な症状ですが、高齢者の場合、他の病気と同じくこれらの症状がはっきり表れず、「いつもより元気がない」「反応が鈍い」等の全身症状が現れることが多いという傾向があります。
 これらはあまり大したことではないと思われるかもしれませんが、上記の中での唾液量が減ることは口腔内の衛生状態に悪影響があり、誤嚥性肺炎の原因になることがあるので、高齢者にとっては命に関わるともいえます。

高齢者の微熱は普段の平熱から判断する

 また、では微熱というと、普通は37℃以上と考えますが、高齢者は平熱が低めのことがあるので、普段の平熱を把握しておいた方が良いでしょう。平熱が36℃程度であれば、36.5℃でも微熱といえるかもしれません。

認知症の悪化と誤解されることも

 さらに、は認知症と誤解されたり、認知症が悪化したと解釈されたりすることがありますが、脱水症を改善することで、症状が消失することもあります。

脱水症を放置すると危険

 脱水状態や脱水症を放置して重症化すると、高度の血圧低下やショック症状、引きつけ、刺激に無反応、昏睡などの意識障害などが現れる場合があり、こうkekkan_dorodoroなると非常に危険で、命にかかわる場合もあります。
 また、脱水症状が重篤な疾患を併発してしまうことがあり、血液中の水分が不足してドロドロになり、血栓を作ってしまうことによって心筋梗塞を発症する等が考えられます。
 意識的に水分摂取量を適正に維持することで予防できますが、症状が重篤な場合は早急に受診して輸液療法等の治療が必要になることもあります。

-介護の基本ケア

関連記事

排泄ケア① 排便のしくみ

食べてから直腸に至るまで  排泄介助について理解するために排便のしくみについて考えてみまし …

排泄ケア③ 排便のケアⅠ

 便秘を予防し、スムーズに自然排便できるようにするためにはいくつのポイントがあります。 規 …

水分ケア② 体内水分の役割 生命維持に不可欠な水分

 体内水分は生命を維持する上で非常に重要な役割を果たしていますが、主なものを挙げると次のよ …

栄養ケア① 低栄養について

低栄養とは  低栄養とは栄養失調ともいいますが、エネルギーやタンパク質などの栄養素が、身体 …

栄養ケア④ 低栄養予防のケアⅠ

経口摂取が原則  食事を口から食べることにはさまざまなメリットがあります。「食事が楽しみ」 …