自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

介護の基本ケア

水分ケア④ 高齢者が脱水症になりやすい原因

 koshi_magari_ojiisan高齢になると、若い頃に比べて脱水症になりやすくなります。その原因は老化によるものと、それ以外のものに分けられます。

 

 

老化によるもの

 口渇中枢機能が鈍くなり、体内水分が不足しても渇きを覚えにくくなる
   結果的に水分摂取量が減る傾向がある
 腎機能の低下により、老廃物を排出するためにより多くの尿量を必要と
  する   
  ⇒ 頻尿傾向であることが多い
 代謝機能が低下し、代謝によって体内で生成される水分(代謝水)が減少する
 細胞組織の衰退で細胞内の水分が減る(筋肉・皮下組織における備蓄水分量の減少)
   成人の約60%から50%程度まで減少する

老化以外の他の原因

 失禁や夜間頻尿などを気にして、水分摂取を控える
 意欲低下や嚥下困難等の理由で、水分摂取量が少ない
 尿剤や下剤の服用によって、体内水分が失われる
 発熱や下痢、嘔吐等で、体内水分量が急激に低下する

水分を控えるのは良くない

 老化が原因petbottle_teaのものは避けることができないので、適正な水分摂取をおこなうことで脱水症を予防するしかありません。
 老化以外の原因については、できるだけそのような事態を避け、改善可能であれば改善する必要があります。
 特に失禁を気にして水分を控える高齢者がいますが、これは脱水から意識レベルや活動性の低下を招き、廃用症候群のきっかけになるので、水分を控えるのは止めましょう。(⇒ 介護に不可欠!「廃用症候群」の知識

-介護の基本ケア

関連記事

運動① 歩行について

歩行はADLの土台  介護ではADLの自立性を維持し向上するための支援がとても大切なのです …

運動② 歩行の介護

歩行練習が唯一の方法  歩行機能を改善するためには歩行練習が最も効果的な方法です。それは歩 …

口腔ケア① 口腔トラブルとチェック

口腔トラブルの原因  口腔内のトラブルにはいくつかの原因が考えられます。高齢者の中に時々見 …

水分ケア② 体内水分の役割 生命維持に不可欠な水分

 体内水分は生命を維持する上で非常に重要な役割を果たしていますが、主なものを挙げると次のよ …

栄養ケア① 低栄養について

低栄養とは  低栄養とは栄養失調ともいいますが、エネルギーやタンパク質などの栄養素が、身体 …