自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

廃用症候群

廃用症候群の症状と予防

さまざまな弊害

 廃用症候群になるとさまざまな弊害が起こります。例えば、高齢者が絶対安静の状態で筋収縮がおこなわれない状態が1週間続くと、kaigo_dukare
10%から15%の筋力低下が起こるといわれています。また、2週間程度の安静で下肢の筋肉が2割も萎縮するという研究者
もいます。廃用症候群の主な弊害には以下のようなものが挙げられます。

 筋力が低下し、関節が固まる、また骨が弱くなり、骨折しやすくなる
 バランス能力が低下し、歩行困難や転倒のリスクが高まる
 心肺機能(心臓や肺の機能)が低下する
 慢性的な便秘になる、便意や尿意が消失する
 精神機能が低下し、表情が乏しくなる、認知症のような症状が現れる(廃用性認知症)
 褥そうができる危険性が高まる(⇒ 褥瘡について
 (口から食べない場合には)口腔機能全般が低下して誤嚥の危険性が高まる
 コミュニケーションが難しくなる
 起立性低血圧、血栓栓塞現象、せん妄、圧迫性抹消神経障がい、尿路結石や尿路感染症などにつながるという指摘もあります
 これらの他にも、体を動かすことが少ないと食欲の低下にもつながりやすいため、低栄養から体力や免疫力の低下を招いてしまうこともあります。(⇒ 低栄養について
 元々老化によってさまざまな機能が低下している高齢者にとって、このような症状が現れる廃用症候群は天敵とさえいえます。
 高齢者のQOLの維持し、明るく健康的な生活を送ってもらうことを意識するのであれば、廃用症候群と向き合い克服することこそが、高齢者介護の最優先課題といえるでしょう。

  • 予防と改善には活動性の向上

 廃用症候群を予防するためには、できるだけ活動性を低下させないように生活することが必要です。roujinsya_couple
 ADLが自立かほぼ自立という高齢者であれば、活動性を低下させないよう促しましょう。その際は、まず廃用症候群に関する説明をおこない、活動性を維持することの重要性を伝えます。
 老化による機能低下があると、動くことがおっくうであったり、辛かったりするような場合ことがあるでしょうが、そのような場合でも、できるだけ体を動かす、屋内だけで生活するのではなく、週に数回は外出し、買い物をしたり、趣味活動をおこなったりすることを勧めます。
 また、できるだけ家族やヘルパー等身近な人以外とも会話をする等、コミュニケーション上の刺激も大切です。施設やデイサービス等であれば、屋内でのレクリエーションだけでなく、屋外に散歩に行く、買い物をする等の活動を取り入れることが効果的なので、担当ケアマネジャー等にそのような要望を伝えることも必要です。

-廃用症候群

関連記事

廃用症候群改善には「基本ケア」が不可欠

廃用症候群改善のために  現時点で既に廃用症候群になっている、例えば寝たきりの生活を送って …

介護に不可欠!「廃用症候群」の知識

廃用症候群とは  過度に安静にすることや、活動性が低下したことが原因で、さまざまな心神機能 …