自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

自立と自立支援

ADLの意味

ADLの意味

 介護の世界でよく使われる言葉に「ADL」があります。
 ADLとは、activities of daily livingという英語の頭文字をとったもので、日本語では「日常生活動作」と訳されるのが一般的です。img1-2-1
 言葉通り、私達が日常生活を送る上でおこなっている動作(行為・行動)という意味で、具体的には、ベッドや布団から起き上がる、床やいすに座る、歩く、階段を昇り降り、食事をする、排泄をする、洗面や歯みがき、衣服や靴の着脱、入浴する、人と会話をする等の動作のこと
です。また、車いすを利用している方であれば、車いす操作を加えることもあります。

日常生活動作か日常生活行為か

 ADLという言葉は、医療や看護、リハビリテーション、介護等の分野で頻繁に使われていますが、専門分野が異なると訳し方が異なることもあるようで、「日常生活行為」とか、「日常生活行動」と訳されることもあるようです。
 近年は、ADLの項目にコミュニケーションを含むことや、単なる動作や行動でなく、計画したり、認知したり、修正をしたりといった行為を含む総合的な行為であることから、「日常生活行為」と訳すべきだという主張もあります。将来的には、日常生活動作ではなく、日常生活行為という訳が一般的になるかもしれません。
 また、動作を分類して、起居動作(起き上がり・座位をとる)、移動動作(歩行・階段昇降・車いす操作)、食事動作、排泄動作、整容動作(洗面・歯みがき・整髪・ひげそり)、更衣動作(衣服や靴の着脱)、入浴動作、コミュニケーションというように、類型別にしている場合もあります。

介護ではADLの自立性はとても重要

 介護において「ADLが自立しているかどうか」を問題にするというのは、要するに「生活する上で自分のことが自分でできるかどうか」ということです。
 ADLが自立していないということは、前述した項目中何らかの動作が一人ではできないので、何らかの介護(介助)が必要ということになります。img1-2-2
 そのため、介護職員が利用者のADLを考える際には、「食事を摂るのは自立だが、食堂まで行くのは介助が必要」とか、「排泄は一部介助(排泄後の後始末は介助)」、「入浴時、身体を洗うことは自立だが、着替えには介助が必要」というように、動作ごとに「自立」「一部介助」「全介助」に分類し、介助が必要な場合はどのような介助が必要かを評価するのが普通です。
 人にとってADLが自立しているかどうか、言い換えると自分の身の回りのことが自分でできるかどうかは、介護の必要性に直結しており、日常生活上の関する大切な尺度だといえます。

 

-自立と自立支援

関連記事

介護における自立支援

自立支援の解釈  介護分野では「自立支援」という言葉がよく使われます。そもそも介護保険法の …

自立支援と自律

自律という考え方  介護分野における自立支援には、概ね3種類の考え方があります(⇒ 介護に …

ADLの自立とは

生活に直結するADLの自立性  ADLが自立しているかどうかは、日常生活を送る上で介護され …

QOLの意味

QOLの意味  「QOL」という言葉は介護分野だけではなく、医療やリハビリ、歯科医療、看護 …

IADLの意味

IADLの意味  ADLという言葉と合わせて、介護の世界で使われることばにIADLがありま …

次の記事 →
IADLの意味