自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

その他の疾患と介護

白内障について

主な原因は加齢

 eye_hakunaisyou_ryokunaisyou白内障は、カメラのレンズに相当する「水晶体」が混濁する病気です。
 普通、この水晶体は透明ですが、加齢に伴って混濁が生じてきます。その結果、「ものがかすんで見える」、「ものが二重、三重に見える」、「明るい場所では、光がまぶしくて見えにくい」、「以前より近視になった」、「調整しても眼鏡が合わない」などの症状が現れます。
 原因はいくつかありますが、主な原因は年をとること(加齢)で、これを加齢性白内障と呼びます。軽度のものも含めると、白内障の有病率は40歳代では約30%で、加齢とともに上昇し、80歳代になると100%になります。

人工レンズに交換するのが治療の主流

 点眼液や内服薬を用いた治療は、完治するためではなく、水晶体の混濁が進行することを遅らせることを目的としたもので、手術によって濁った水晶体を取り除き、人工の透明なレンズ(眼内レンズ)に交換する方法が治療の主流です。
 手術は、本人が日常生活に不自由を感じるようになった時期におこなうのが一般的です。
 手術して入れた眼内レンズは人工的なものなので、自由にレンズのピントを合わせることができないため、近くや遠くの物をより鮮明に見るためには眼鏡などで視力の矯正が必要になります。

-その他の疾患と介護

関連記事

骨粗鬆症と介護②

転倒予防(環境整備)  小さな段差や、散らかっている物、畳の上に敷いたカーペット、電気コー …

老人性難聴と介護

老人性難聴とは  人が音や言葉を聞きとる時、外耳から入った音(空気の振動)が鼓膜を振動させ …

変形性関節症について

変形性関節症とは  関節にある軟骨は骨の滑らかな動きや骨と骨の間のクッションの役割をもって …

褥瘡について

褥瘡とは  褥瘡(じょくそう)は、床ずれとも呼ばれ、特定の部位が長時間圧迫されることで、皮 …

骨粗鬆症と介護①

食生活  カルシウムが多く含まれる牛乳やチーズ、ヨーグルト、干し海老や豆腐など、あるいはカ …

← 前の記事
褥瘡と介護
次の記事 →
緑内障について