自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

その他の疾患と介護

変形性関節症と介護

治療は保存療法が主

 摩耗した軟骨や変形した関節を元通りに再生する治療法はなく、痛みや症状を和らげ、それ以上病状を進行させないための保存療法が基本になります。
 保存hospital_supporter療法は、薬物療法(関節内注射、消炎鎮痛剤、外用薬)や温熱療法(痛みを和らげ血流を良くする)、運動療法などがあります。
 内反(O脚)型の変形性膝関節症の場合は、足底装具が使われることがあります。
 膝関節が不安定な場合には、支柱やバンド付の膝装具が使われることがあります。
 関節軟骨が完全にすり減り、関節が高度に変形しているような場合には、人工関節を置換するために手術がおこなわれることもあります。
 この他、手術には関節内の洗浄や、異常増殖した滑膜の切除、変性・断裂した半月板の部分切除、さまざまな骨切り術などがあります。

日常生活と介護

 長時間の歩行や階段昇降、正座など関節に負担のかかる動作をなるべく避け、歩行には杖を使用します。
 底の硬い靴は避け、なるべくクッション性がある靴を履くようにしましょう。
 また関節を冷やさないよう注意が必要です。
 肥満は下肢関節の負担になるため、肥満気味の人は適切な食事療法と運動などで減量を心がけましょう。
 激しい運動や重労働、重い物を持つ、長い時間歩くなど、関節に負担がかかることも避けた方が良いでしょう。
 医師に相談して、必要にobaasan_nimotsu応じて、臥位や座位での筋力強化運動などをおこなった方が良い場合もあります。
 畳の上での生活は、下肢の関節に負担になることが多いので、立ったり座ったりする際に負担が少ない椅子やベッドでの生活に切り替えた方が良いと思われます。

-その他の疾患と介護

関連記事

変形性関節症について

変形性関節症とは  関節にある軟骨は骨の滑らかな動きや骨と骨の間のクッションの役割をもって …

褥瘡について

褥瘡とは  褥瘡(じょくそう)は、床ずれとも呼ばれ、特定の部位が長時間圧迫されることで、皮 …

骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは  骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は加齢などが原因で骨密度が低下し、骨がスカス …

老人性難聴と介護

老人性難聴とは  人が音や言葉を聞きとる時、外耳から入った音(空気の振動)が鼓膜を振動させ …

褥瘡と介護

できるだけ離床する  褥瘡を予防するためには、寝たきりの生活を避けることが重要です。  食 …