自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

神経難病と介護

パーキンソン病特有の症状

 パーキンソン病の人を介護する際には、この病気特有の症状を知っておく必要があるでしょう。

振戦(しんせん)

 振戦とは自分の意思と関わりなく筋肉が震えることですが、パーキンソン病ではじっとしている時に震える(安静時振戦)ことが特徴で、これが初発症状であることが多いとされています。
 但し、高齢で発症した場sick_furue合には、震えが目立たず「動作の緩慢」から始まる事もまれではありません。震えは、どちらか一方の手の指先からはじまることが多く、手首、もう一方の手、そしてあごや足にも及ぶことがあります。
 ただ、手足の震える病気は他にもあるので、震えるからといって必ずしもパーキンソン病とは限りません。

筋固縮(きんこしゅく)

 筋強剛(きんきょうごう)ともいいます。筋肉が緊張してこわばっている状態で、前かがみの姿勢(姿勢異常)になったり、顔の筋肉がこわばって無表情に見えたり、口や舌、喉の筋肉が固縮して構音障害やよだれ、嚥下障害などの症状が現れることがあります。身体をひねることができない場合もあります。

動作緩慢(どうさかんまん)

 hanshin_mahiさまざまな動作が遅くなる症状です。身体を動かそうとしても、最初の動きがなかなかできない、歩き出そうとしても、最初の一歩がうまく出せない、歩く歩幅も小さい「小刻み歩行」等が起こる等の症状です。逆に歩き始めると止まれなくなる「突進症状」が起きることもあります。

 

姿勢反射障害

 人は倒れそうになると、反射的に倒れないようにしようと反応しますが、パーキンソン病が進行すると、この反応に障害が現れて、立ち直ることができずに転倒してしまう危険性が高くなります。動作緩慢もあるので、素早く手を出して支えることができず、転倒してケガをしやすくなります。

その他

 以上の他にも、自律神経障害により、体温調節ができない、汗やよだれが出る、便秘、起立時の血圧調節障害(起立性低血圧)等の症状が現れることがあります。
 進行すると、薬の効いている時間が非常に短くなったり、薬が効いて動くことができている時に、急にスイッチが切れたように動けなくなってしまう症状が見られることがあります。
 パーキンソン病特有の姿勢としては、「前かがみ」「腕が曲がって胸につく」「踵(かかと)が浮く」「内また」等があります。

-神経難病と介護

関連記事

筋萎縮性側索硬化症(ALS)について

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは  一般にALSと呼ばれる病気の正式な名称は、筋萎縮性側索 …

パーキンソン病について

パーキンソン病とは  パーキンソン病は、初めて報告したイギリスのジェームス・パーキンソン医 …

パーキンソン病の介護2

服薬管理  パーキンソン病は、薬の効き具合によって症状の現れ方が異なることがあるので、主治 …

筋委縮性側索硬化症(ALS)の介護

 ALSは進行性の病気で、嚥下障害、言語障害、運動障害、呼吸障害等が現れるので、胃ろう、中 …

パーキンソン病の介護1

 パーキンソン病の人を介護する際には、パーキンソン病特有の症状を理解した上で介護するのがポ …