自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

慢性疾患と介護

慢性心不全と介護

 慢性心不全の介護では、処方された薬を正しく服用すると共に、心臓にかかる負担をできるだけ抑えるよう支援することが重要です。

適切な服薬管理

 medicine_fukuro処方された薬の飲み忘れが症状を悪化させることがあるので、処方された薬は正しく服用することを促します。また、決められた頻度で受診するとともに、在宅介護で不安がある場合は、訪問看護師サービス等の活用も検討しましょう。

水分制限を守る

 主治医から摂取水分量の制限が指示される場合があります。これは心臓に負担をかけないための指示なので、確実に守る必要があります。
 但し水分制限は、脱水症になりやすくなるため、脱水症の可能性がある場合は主治医と相談しましょう。また、水分を控えることで便秘になりやすくなるので、水分摂取以外の便秘のケアを検討します。

塩分を控えた食事

 text_genen同じく塩分の制限がある場合は、その制限を守りましょう。塩分摂取は喉の渇きをおぼえやすくなり、水分摂取につながるので、できるだけ塩分を控えた食事を摂るようにします。食事について不安な場合は、管理栄養士等の専門家に相談することも考えられます。

禁煙

 喫煙は症状悪化の要因になるので、可能な限り禁煙するよう促しましょう。

運動制限

 roujin_sinzouhossa運動は心臓の負担を増大させるので、運動が制限される場合があります。この制限を守ることが必要なのですが、これにより廃用症候群による身体機能の低下を招きやすくなるため、制限された範囲内でできるだけ体を動かす等の工夫が必要になります。
 なお、入浴は血圧が上がり心臓に負担がかかるので、入浴の際は注意が必要です。

ストレスコントロール

 ストレスが継続し蓄積すると心臓への悪影響が懸念されるため、日常生活でできるだけストレスを溜めないよう心がけることも大切です。

-慢性疾患と介護

関連記事

慢性心不全について

慢性心不全とは  慢性心不全は、病名ではなく、高血圧症や狭心症、心筋症等が原因で、心臓のポ …

慢性疾患と介護

介護者の支援が大切  慢性疾患はそれぞれの疾患と状態によって、定期的な通院や服薬が必要であ …

慢性閉塞性肺疾患(COPD)と介護

 他の慢性疾患と同様、医療機関との連絡や相談をしながら介護することが大切です。 禁煙と軽い …

慢性腎不全について

慢性腎不全とは  慢性腎不全は高血圧や糖尿病の合併症等が原因で、腎臓の機能が低下する病気で …

慢性閉塞性肺疾患(COPD)について

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは  慢性閉塞性肺疾患は慢性的に肺の炎症が生じることで、酸素 …