自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

慢性疾患と介護

慢性心不全について

慢性心不全とは

 body_shinzou_bad慢性心不全は、病名ではなく、高血圧症や狭心症、心筋症等が原因で、心臓のポンプ機能が低下し、脳や肝臓、腎臓等の臓器に、必要な分だけの血液を送り出す事ができなくなったり、肺や静脈系にうっ血をおこしてしまったりする症状が慢性化した状態のことをいいます。

生活上の制限

 心不全になると、水分や塩分の制限やその他日常生活上の制限をしなければ、症状が悪化してしまう危険性があります。
 そのため、高血圧症、虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞、冠動脈硬化症、心筋症、心臓弁膜症といった心臓と関わりがある病名がついている場合は、慢性心不全の状態である可能性があります。
 これらの診断がされている場合は、主治医に各種の制限について確認した上で介護する必要があります。

症状

 慢性心不全は、心臓以外にもさまざまな症状が現れます。
 roujin_kaidan_man代表的な自覚症状は、動悸や息切れ、呼吸困難、むくみ等です。最初は坂道や階段を上る時に動悸や息切れが起こる程度ですが、病状が進行すると、平地を歩いても息苦しくなります。
 さらに病状が進むと、夜、床につくと咳が出たり、息苦しさで寝られなくなったりすることがあります。また、足にむくみが出ることもあります。

-慢性疾患と介護

関連記事

慢性疾患と介護

介護者の支援が大切  慢性疾患はそれぞれの疾患と状態によって、定期的な通院や服薬が必要であ …

慢性心不全と介護

 慢性心不全の介護では、処方された薬を正しく服用すると共に、心臓にかかる負担をできるだけ抑 …

慢性腎不全について

慢性腎不全とは  慢性腎不全は高血圧や糖尿病の合併症等が原因で、腎臓の機能が低下する病気で …

糖尿病について

糖尿病とは  糖尿病は、糖代謝(エネルギー源であるブドウ糖を利用すること)の異常によって、 …

慢性閉塞性肺疾患(COPD)と介護

 他の慢性疾患と同様、医療機関との連絡や相談をしながら介護することが大切です。 禁煙と軽い …

← 前の記事
糖尿病と介護
次の記事 →
慢性心不全と介護