自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

慢性疾患と介護

糖尿病の三大合併症

 mark_footprint2糖尿病は適切な療養生活を送らなければ、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。  特に、糖尿病性神経障害と糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症は三大合併症といわれ、介護保険の特定疾病にもなっています。
 また三大合併症以外の感染症にもかかりやすく、全身の血管が障害を受けることから、さまざまな病気にかかりやすくなったりするので注意が必要です。

糖尿病性神経障害

 糖尿病になると血管が障害を受けやすくなります。中でも毛細血管など細い血管ほどその傾向は強く、それが抹消神経の障害につながります。
 手や足、特につま先等の感覚が鈍くなることで、ケガをしても気がつかずに放置して細菌感染を起こしてしまう危険があります。
 また血液が充分に送られないことから、壊疽(えそ)を起こしてしまう危険性もあり、その部分を切断しなければならない事態になることもあります。
 長年糖尿病を患っている人の中には、糖尿病性神経障害による壊疽で下肢などを切断している人もいます。

糖尿病性腎症

 腎臓の血管が障害を受けることで糖尿病性腎症を発症します。
 初めのうちは自覚症状がないことがありますが、進行すると貧血や高血圧、足の浮腫等が見られることがあります。腎不全が進行すると人工透析が必要になる場合もあります。

糖尿病性網膜症

 eye_hakunaisyou_ryokunaisyou目の網膜の血管に障害がおきると、糖尿病性網膜症を発症することがあります。
 主な症状は視力の低下ですが、場合によっては失明する危険性もあります。糖尿病性網膜症は緑内障と並んで、日本人が失明する大きな原因となっています。

-慢性疾患と介護

関連記事

糖尿病について

糖尿病とは  糖尿病は、糖代謝(エネルギー源であるブドウ糖を利用すること)の異常によって、 …

糖尿病と介護

 糖尿病は適切な治療と日常生活上の注意を守らないと、三大合併症をはじめとする様々な合併症を …

慢性心不全について

慢性心不全とは  慢性心不全は、病名ではなく、高血圧症や狭心症、心筋症等が原因で、心臓のポ …

慢性閉塞性肺疾患(COPD)について

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは  慢性閉塞性肺疾患は慢性的に肺の炎症が生じることで、酸素 …

慢性心不全と介護

 慢性心不全の介護では、処方された薬を正しく服用すると共に、心臓にかかる負担をできるだけ抑 …

← 前の記事
糖尿病について
次の記事 →
糖尿病と介護