自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

慢性疾患と介護

慢性疾患と介護

介護者の支援が大切

 慢性疾患はそれぞれの疾患と状態によって、定期的な通院や服薬が必要であったり、水分、食事、塩分、カロリー等に制限があったりする場合があります。
 また、運動療法が必要な場合もあれば、逆に運動制限が必要な場合もあります。
 このように慢性疾患の人は、どのような生活を送るかということが重要であobaasan_woman_tasukeaiり、介護者はそのことを理解した上で、病気の悪化を防ぐために協力し支援することが必要になります。さらに、これらの制限と基本ケアとの間のバランスをとることが必要になります。
 特に認知症で慢性疾患を持つ人を介護する場合は、さまざまな制限を自分で守ることが困難な場合が多く、介護者の役割はより大きくなります。

水分制限

 慢性の腎不全や心不全等が進行すると水分制限を指示されることがあります。
 高齢者の介護においては、脱水症を防ぐことがとても重要なのですが、水分制限がある場合は、脱水症とのバランスに苦労することが多いと思われます。さらに、水分摂取量が少ないと便秘になりやすくなるので、水分摂取以外の便秘対策がより重要になります。

食事制限

 kinshi_sweets糖尿病や腎疾患、痛風等の病気になると食事制限が課せられる場合があります。
 このような場合は定められた指示を守りながらも、低栄養状態にならないことと栄養バランスをとるための注意が必要になります。食事制限の内容は病気の種類や程度によって異なります。

運動制限

 job_doctor心臓や呼吸器の慢性疾患では、運動制限が課せられることがあります。運動制限は廃用症候群による機能低下が起こりやすくなります。制限を守りながらも可能な範囲で活動性を維持する工夫が必要になります。

 

 

ADLの維持

 慢性疾患がある場合には、ADLを維持向上させるための基本ケアが制限される場合があり、ADLの維持向上と慢性疾患の管理との間でバランスをとることがとても重要です。
 受診の際に同行するなどして、主治医からの指示を直接聞き、場合によっては相談したり、アドバイスを受けたりした上で、日常生活において慢性疾患が重度化しないことと同時に、ADLの低下を防ぐことを支援することが大切です。

-慢性疾患と介護

関連記事

慢性心不全について

慢性心不全とは  慢性心不全は、病名ではなく、高血圧症や狭心症、心筋症等が原因で、心臓のポ …

糖尿病の三大合併症

 糖尿病は適切な療養生活を送らなければ、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。   …

慢性腎不全と介護

 慢性腎不全の悪化を予防するためには、医師から指示された受診、服薬、生活習慣を守ることが重 …

慢性閉塞性肺疾患(COPD)について

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは  慢性閉塞性肺疾患は慢性的に肺の炎症が生じることで、酸素 …

慢性心不全と介護

 慢性心不全の介護では、処方された薬を正しく服用すると共に、心臓にかかる負担をできるだけ抑 …

次の記事 →
糖尿病について