自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

慢性疾患と介護

慢性疾患と介護

介護者の支援が大切  慢性疾患はそれぞれの疾患と状態によって、定期的な通院や服薬が必要であったり、水分、食事、塩分、カロリー等に制限があったりする場合があります。  また、運動療法が必要な場合も... 続きを見る

糖尿病について

糖尿病とは  糖尿病は、糖代謝(エネルギー源であるブドウ糖を利用すること)の異常によって、血糖値が異常に高まることで、さまざまな臓器に障害がおこる危険性のある病気です。  血糖値が高い状態が続く... 続きを見る

糖尿病の三大合併症

 糖尿病は適切な療養生活を送らなければ、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。  特に、糖尿病性神経障害と糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症は三大合併症といわれ、介護保険の特定疾病にもなっています。... 続きを見る

糖尿病と介護

 糖尿病は適切な治療と日常生活上の注意を守らないと、三大合併症をはじめとする様々な合併症を引き起こす危険性がありますし、病気そのものも悪化する危険があります。  そのため、介護にあたっては主治医を... 続きを見る

慢性心不全について

慢性心不全とは  慢性心不全は、病名ではなく、高血圧症や狭心症、心筋症等が原因で、心臓のポンプ機能が低下し、脳や肝臓、腎臓等の臓器に、必要な分だけの血液を送り出す事ができなくなったり、肺や静脈系にう... 続きを見る

慢性心不全と介護

 慢性心不全の介護では、処方された薬を正しく服用すると共に、心臓にかかる負担をできるだけ抑えるよう支援することが重要です。 適切な服薬管理  処方された薬の飲み忘れが症状を悪化させることがあるので... 続きを見る

慢性腎不全について

慢性腎不全とは  慢性腎不全は高血圧や糖尿病の合併症等が原因で、腎臓の機能が低下する病気です。  腎臓の機能が低下すると、老廃物を尿として排出して、血液の浄化をおこなうことが十分にできなくなりま... 続きを見る

慢性腎不全と介護

 慢性腎不全の悪化を予防するためには、医師から指示された受診、服薬、生活習慣を守ることが重要です。そのため医療機関との相談や連携が大切になります。 低タンパク、減塩、高カロリーを基本とした食事  ... 続きを見る

慢性閉塞性肺疾患(COPD)について

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは  慢性閉塞性肺疾患は慢性的に肺の炎症が生じることで、酸素の取り込みと二酸化炭素の排出に障害が起きる病気です。  英語名は「Chronic Obstructive... 続きを見る

慢性閉塞性肺疾患(COPD)と介護

 他の慢性疾患と同様、医療機関との連絡や相談をしながら介護することが大切です。 禁煙と軽い運動  COPDの進行をできるだけ防ぐために禁煙は不可欠です。また受動喫煙を防ぐために、喫煙している人と同... 続きを見る