自立支援のための介護に関する知識・情報をお伝えいたします。

慢性疾患と介護 病気と介護

慢性腎不全と介護

 慢性腎不全の悪化を予防するためには、医師から指示された受診、服薬、生活習慣を守ることが重要です。そのため医療機関との相談や連携が大切になります。

低タンパク、減塩、高カロリーを基本とした食事

 seikatsu_syukan_woman_good尿毒症予防のため尿毒素の原料となるタンパク質を控える食事接種を指示されることが多いようです。但し症状によっても異なるので医師や管理栄養士による指示、指導を守ることが必要です。

 

水分制限がある場合は、制限を守る

 慢性腎不全は、進行すると医師から水分制限を指示されることが多いようです。
 水分制限がある場合は、毎日の尿量や回数、色などを観察し、尿の量が減ってきた場合は注意が必要です。また、むくみが出たり、jousuiki体重が増えたりした場合も要注意です。さらに水分を控えることで便秘になりやすくなるので、繊維質の多い食事を摂り、毎日決まった時間にトイレに行くなどの工夫で便秘予防を心がける必要があります。脱水症とのバランスにも注意が必要です。

激しい運動は控える

 激しい運動は新陳代謝を活発にし、老廃物の量が増えるため、腎臓の負担を増やすことにつながります。
 また人工透析をしている人の場合、透析後は激しい疲労感がある場合が多いので、そのことを理解した上でコミュニケーションをとるよう心がけましょう。

-慢性疾患と介護, 病気と介護

関連記事

慢性心不全と介護

 慢性心不全の介護では、処方された薬を正しく服用すると共に、心臓にかかる負担をできるだけ抑 …

糖尿病の三大合併症

 糖尿病は適切な療養生活を送らなければ、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。   …

慢性腎不全について

慢性腎不全とは  慢性腎不全は高血圧や糖尿病の合併症等が原因で、腎臓の機能が低下する病気で …

慢性閉塞性肺疾患(COPD)と介護

 他の慢性疾患と同様、医療機関との連絡や相談をしながら介護することが大切です。 禁煙と軽い …

慢性閉塞性肺疾患(COPD)について

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは  慢性閉塞性肺疾患は慢性的に肺の炎症が生じることで、酸素 …