認知症ケア

認知症についての一般的な理解  認知症は特定の病名ではなく、生理的な老化とは異なる病的な記憶力低下や、思考力低下などの症状全般を表す言葉です。厚労省などによると、認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が、慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」とされています。 ...

自立支援介護の知識

廃用症候群は、動かないことの悪循環  過度に安静にすることや、活動性が低下したことが原因で、さまざまな心神機能が低下することを「廃用症候群」といいます。 廃用症候群とは・・・ 英語名は「disuse syndrome」なので、直訳すると「不使用症候群」が近いかもしれませんが、和訳されて廃用症候群と呼 ...

自立支援介護の知識

生活に直結するADL  ADLが自立しているかどうかは、日常生活を送る上で介護される(人の手を借りる)必要があるかどうかということと等しいといえます。そのため、ADLが自立しているかどうかは、ご本人にとっては非常に重要な問題です。  介護する側からすれば、利用者のADLの自立性が向上できる可能性があ ...

自立支援介護の知識

ADLと介護の深い関係  介護の世界でよく使われる言葉に「ADL(エーディーエル)」があります。 ADLとは・・・activities of daily livingという英語の頭文字をとったもので、日本語では「日常生活動作」と訳されるのが一般的で、私達が日常生活を送る上でおこなっている動作(行為・ ...

介護の技術

自立性・個別性・主体性を意識する  介護における最優先目標は、可能な限り介護が必要な人(以下要介護者)の「自立を支援する」ことです。そのため、介護技術の全般にわたり、要介護者本人が主体性を維持できるよう関わる(介護する)という姿勢が必要です。  どんなに介護経験が長く、手際良く介護ができる技術があっ ...

自立支援介護の知識

人によって自立支援の解釈が違う  以前から介護の世界では「自立支援」という言葉がよく使われていましたし、介護保険法の目的の一つが自立支援であると規定されています。 介護保険法の第1条には、法律の目的が書かれていますが、その中に(要介護高齢者が)「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営 ...